TecTecTecEdelSWING MANIAJ.C studio 公式ECサイト

JC studioJC studio

J.C studioとは

J.C studioは2013年に設立したメーカーで、高い製造技術と厳選された上質な素材を
組み合わせて至高の一品を創り上げます。
選び抜かれた世界最高水準のGSSを使用することで創り上げられるパターは、
細部までこだわり抜かれたデザインと至高の打感を生み出します。

ブランドサイトはこちら
  • JG CSS
  • 風景
  • JG CSS
  • JG CSS
  • 風景
  • JG CSS

最高水準の品質を実現するテクノロジー

GSS(ジャーマンステンレススチール)はドイツの精錬工場で作られており、本物の証として必ず証明書が付属しています。
もちろん、J.C studioが採用している素材にも本物の証明書が添付されています。
一般的な削り出しパターに採用されているSUS303に比べて、GSSはクロムの含有量が多く硫黄成分が少ないので硬めになっています。
タイガーウッズ、松山英樹をはじめ、多くの現役トッププロが好んでGSSパターを使用しています。
「打感はしっかり手と耳に伝わる硬さがあるが、ボールが吸い付くような感覚があり硬くて軟らかい」。つまり、「硬くて柔らかい」パターです。
GSS素材を惜しげもなく採用した大型ブロック(塊)から削り出す、贅沢なフルミルド製法を採用しており、約6時間かけてヘッド1個を削り出しています。GSS表面の保護を行うためにPVD BLACK IP加工を施しています。
一切の妥協なく長い年月をかけて設計された、機能・デザインにこだわったGSSパターが、J.C studio PUTTERです。
現在、ブレードタイプとマレットタイプ合わせて4種類のヘッドを取り揃えてていますので、好みに合わせて選んでいただくことができます。

4種類のヘッド形状から
最適のアライメント

  • J.C-02 J.C-02

    ネオマレットタイプ

  • J.C-03 J.C-03

    大型ネオマレットタイプ

  • J.C-06 J.C-06

    ピンタイプ

  • J.C-13 J.C-13

    マレットタイプ

基本スペック

カラー ブラック
ヘッド素材 GSSフルミルド PVD BLACK IP加工
フェース ピクセル
ロフト角
ライ角 70°
長さ 33・34インチ
シャフト カーボン製ボディ+アルミ製チップシャフト
グリップ スーパーストロークトラク ションGT1.0

LINE UPJ.C studio 製品シリーズ

  • J.C-02
  • J.C-02
  • J.C-02
  • J.C-02
  • J.C-02

J.C-02

ネオマレットタイプ

トゥとヒールにウエイトを配置したネオマレットタイプは打点のブレに強く、直進性が高いので左右のブレが少ないモデルです。

242,000円(税込)

ご購入はこちら
  • J.C-03
  • J.C-03
  • J.C-03
  • J.C-03
  • J.C-03
  • J.C-03

J.C-03

大型ネオマレットタイプ

大型ネオマレットタイプはヘッド重心からみて左右や上下のバランスが取れたヘッドで最もオートマチックに打つことが可能です。

242,000円(税込)

ご購入はこちら
  • J.C-06
  • J.C-06
  • J.C-06
  • J.C-06
  • J.C-06
  • J.C-06

J.C-06

ピンタイプ

クラシカルなタイプです。最も世界で愛用者が多いヘッド形状で、パターのスタンダードとなっています。

242,000円(税込)

ご購入はこちら
  • J.C-13
  • J.C-13
  • J.C-13
  • J.C-13
  • J.C-13
  • J.C-13

J.C-13

マレットタイプ

テークバックがスムーズになりやすいモデルです。芯を外してもボールの転がりが良く、直線距離をかせぎやすいです。

242,000円(税込)

ご購入はこちら

Youtube

  • 【パター選びの基本】こだわればスコアが縮まる!型別の特徴や強みも解説します!【素材でパターは変わるのか?】

  • チャンネル史上最高額◯◯円!!男の憧れ『GSS』パターを試打!!

  • 【ツアープロ目線で試打】GSSなのに柔らかい!?J.C studio の最高級素材GSSパターをガチレビュー!

  • ツアープロ使用率No.1のGSS素材パター。そんな高品質の高級パターは本当に良いのか??

  • タイガー愛用最高級素材「GSS」で作った打感も転がりもシャフトも最強なパターを試打してみたら最高すぎた。